若い女子がマッチングアプリを使う理由に多いパパ活と割り切り

若い女子がマッチングアプリを使う理由に多いパパ活と割り切り

自分のお父さん位の年齢の男性と見返りを期待してお付き合いする事を割り切った交際って昔は呼びましたが、令和の時代になって言葉が新しく生まれ『パパ活』って言うようになりました。
こうすれば何となく良いイメージがしますし、援助とか交際とか言う言葉はマイナスイメージでしかありませんからね。
この言葉を使いだしたのはメディアでしょうけど、今は普通にマッチングアプリとかでも女子が使っている言葉です。

 

一回り位年上のおじさんと付き合っている女子は大体がパパ活で間違いないでしょう。
それしかメリットがないですからね。
自分に都合よくおじさん好きとかいいますが、要はお金を持っている男が好きだって事ですからね。
純粋な愛がそこにあるのかどうかは本人の心の奥深くを覗きこまないと分かりませんが、若い女子と年配男性とのカップルは恋愛感情が無い場合が多いです。

 

基本は体だけの交際なので、相手の事を深く詮索する事はなく、会話も当たり障りのない内容で楽しい事だけを共有するのがポイントです。
編に深く詮索して相手の事をいろいろ知ってしまうと情が生まれて恋愛感情が芽生えて後々ややこしい関係になってしまう可能性もあります。
近場で会って食事をしながら飲みながら楽しくひと時を過ごしてホテルに行ってエッチして帰るって感じです。
楽しい事しかないから、また会いたいって思っちゃうわけですね。

 

 

このパパ活と言う言葉はおそらく平成の時代では使われていなかった新しい言葉だと認識しています。
令和に入ってから使い始めた言葉で、SNSで女性がやたら使っているので意味が分からずに、後で意味を知って驚く方もおおいそうです。
要はお金を持っているおじさんに援助してって事ですからね。
ストレートに言えば。

 

普通に遊び相手が欲しいだけなのに、こう言った考えを持っている女性が多いと面倒です。
相手の目的を早めに聞いてパパ活だった場合は距離を置いた方がいいでしょう。
純粋に遊べるエッチも出来る女友達を作った方が数倍いいですからね。
そんな事をしてまで出会っても、それだったら風俗に行った方がはるかに良い思いをするし、トラブルもないでしょうから。
マッチングアプリを利用する場合は気を付けて下さい。